【上田市】キッチン喫茶・樹で「カツカレー」

美しく花が生けられた店内で頂く、懐かしい記憶を蘇らせるカレー

まだ6月だというのに真夏の暑さ。日曜日の早朝10kmくらい走ったのだが、昨晩の寝苦しかったこともあり、若干バテ気味である。上田のアリオに買い物の用事があり、その帰りに寄ったのが上田城址のすぐ後ろにある「キッチン喫茶・樹」。ほぼ1年ぶりの訪問である。

古いマンションの1階にあり、なんとも目立たない店構えであるが、一歩足を踏み入れると、カウンターの上には綺麗に花が生けられた花瓶がいくつも並び、それらがスポットライトを浴びて、店内は実に華やかな雰囲気に包まれている。

前回同様、優しく迎えてくれた奥さん、すなわちカウンターを常に美しい花で飾っているご本人だが、この奥さんが実に品があるのだ。

この奥さんを見ると、小学生時代の同級生だったY君を思い出す。ちょっといい家のお坊ちゃんで、立派な家の玄関には同じように花が飾ってあった。そしてY君のお母さんが、この店の奥さんに似た、とても優しくて品のある女性だったのである。

カウンターには常連と思わしき一人客。食事を終えて、雑誌を読みながら寛いでいる。店内には心地良い、ゆっくりした時間が流れている。

店内はレトロながら小洒落た洋食屋といった趣ではあるが、メニューはラーメンから焼きサバ定食までと、まさに大衆食堂的。このギャップがこれまた良いではないか。

何を注文するか迷った挙句、「カツカレー(¥900)」を奥さんに注文。「カツカレーですね、ありがと〜」と奥さん。長野の人がよく言ってくれる「ありがと〜」(語尾がちょっと上がる)、って優しくて本当にいいよね。

程なくして運ばれてきたカツカレー。大盤のカツ。慣れ親しんだ色と匂いのカレー。これはたまらん。

早速カツから頂く。適度な厚みのある手作り。前回同様衣が剥がれやすいが、これも手作りの証。腹に入ってしまえば同じだ。

カレーはルーこそ業務用の既製品と思われるが、具は大ぶりにカットされたニンジン、ジャガイモがひとつづつ。そして肉はすじ肉である。すじ肉独特のグニっとした歯応えが楽しい。これは美味い。

付け合わせの手作りマカロニサラダも実に美味しかった。

結構ボリュームがあり、腹ペコもすっかり満たされた。お会計すると、奥さんが「ありがとうございました、ありがと〜」とダメおしのありがと〜。

そういえば思い出した。件の小学生時代の同級生だったY君の家で、一度カレーライスをご馳走になったことがあった。今思えばごくごく普通のカレーであったが、自分の母親が作るカレーとはまた一味違った、ちょっと上品な味がしたような気がしたものである。

40年も昔の記憶、あの時のカレーの匂いの記憶が蘇り、懐かしいような泣きたいような気持ちになった。素晴らしいランチタイムをありがと〜、と心の中で叫びながら、上田を後にした。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tanoyatsu

単身赴任で長野に来て4年目の40代半ば男子。休日の趣味は水泳、ジョギング。ハラペコを満たしてくれる安くて美味くて大盛りの店を探すのが楽しみ。