乙妻の「もつ焼き」(テイクアウト)

会社から自宅への帰り道の途中にある人気店、乙妻。

昼飯では何度か利用したことがあるが、いつも混雑している。店内にはびっしりとお品書きの短冊が貼られており、いつか酒を飲みながらあれこれ注文したいと思っていたが、自宅からはちょっと遠く実現出来ていなかった。

それがこの間、店頭に「持ち帰り始めました」の張り紙があるのを見つけてしまったのである。

これは利用しない手はない。早速電話し、評判のもつ焼き(¥730)を注文する。18時の開店直後であったので、すぐに出来るということであった。

店に行き、お姉さんからホカホカと温かい包みを受け取る。僕の他にも5〜6ヶの持ち帰りの包みが用意してあり、テイクアウトの人気は上々の様である。

近くの西友で地酒のワンカップも購入し、大急ぎで家に帰る(毎回大急ぎで帰っているが、ちゃんと安全運転の範囲内である)。

袋から出してみると、もつ焼きがぎっしりとパックに詰められている。

香ばしい香りが部屋に広がる。皿に移してみると、

これは普通の店のもつ焼きであれば2〜3人前はあろうかというボリュームである。

長野市民のソウルスパイス、八幡屋礒五郎の七味をかけて口に運ぶと、

美味い!

僕はモツにはあまり詳しくないのだが、おそらく腸で、それほど脂っこくなく歯応えも程よく柔らかく、いくら噛んでもかみ切れないということはない。

モツの他に小さく切られたコンニャクが入っており、クニクニした食感がモツとよく合う。それらが醤油ベースの濃い目の味のタレで香ばしく焼かれている。少量の生姜と、たっぷり載せられたネギが良いアクセントになっている。

最初は1回では食べ切れないだろうと思っていたのだが、気づいたら全部ペロリと食べてしまっていた。しかもビール・日本酒・缶チューハイとちょっと飲みすぎてしまった。

居酒屋の楽しみはその雰囲気も含めて、というのは確かであるが、テイクアウトであれば車でしか行けない距離の為、なかなか飲みには行けない店の味を自宅で楽しむことが出来る。

叶うことであれば緊急事態が収束しても、テイクアウトは続けてもらえると嬉しいなあ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tanoyatsu

単身赴任で長野に来て4年目の40代半ば男子。休日の趣味は水泳、ジョギング。ハラペコを満たしてくれる安くて美味くて大盛りの店を探すのが楽しみ。